2021/10/04

Microsoft Azure 上のVMでベンチマーク計測

本編はこちら

Microsoft AzureでSSL証明書対応のウェブサーバーを立てる(その1/2)

 

回線とディスクの速度

「米国西部 2」リージョンに置いたサーバーの回線速度計測

米国発なので仕方なしですが、日本までの接続は速くはないが遅くもなし。fast.comでは徐々に速度が上がって150Mまで増えた。実効性は不明。

「東日本」リージョンに置いたサーバーの回線速度計測

東日本リージョン対日本国内では、とてつもなく高速!ご家庭では真似のできないabove 1Gbpsが実測で出る。

スタンダードSSDによる起動ディスク(OSパーティション 128GB)のディスク読み書き

スタンダードSSDの起動ディスク。数値上は遅いです。必要十分ともいえる。スペック上は60MB/sと表示されている。起動ディスクは128GB固定のようです。
高速なディスクが必要ならばプレミアムSSDのデータディスクを有料で追加してね。ということなのでしょう。一時ストレージも同じディスク上のDドライブなので、同じ遅さです。
 
プレミアムSSDでも容量が小さいと遅くなったり。
大容量にすると、とてつもなく高速化したり。用途によりいろいろ試すとよいでしょう。

プレミアムSSD 200GB によるディスク読み書き


シーケンシャルは速い。サーバーとして利用なので、PC用のベンチマークはそれほど気にしなくてもよいかと思います。

リージョンとカントリーリダイレクト

米国リージョンを選べば、日本人が使っていても、カントリーリダイレクトされません。これはクライアントとしては地味に便利。ひとつマシンを作っておいてもいいかも。使わないときに電源offでも課金され続けているので注意。